お腹の張りと便秘の解消法

お腹の張りでお悩みではありませんか?
ズボンやスカートが入らない、食事が食べることができないくらいお腹が張り、困っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

お腹の張りは、女性特有の疾患の自覚症状のこともあるので、放ったらかしにしないで、一度は病院で診てもらったほうが良いでしょう。
ただ、検査をしても何も原因が見当たらない場合もあります。

 

 

中には、便秘や胃腸機能の低下によってお腹が張ることがあります。
特に女性や、基礎疾患がある高齢者の方で色々な薬を飲んでいる方に、その副作用などを含めてお腹の張りが多く見られます。

 

 

当然、下から便が出にくくなるということは、その力が上にあがってきやすくなるので、逆流性食道炎の要因にもなるのです。
また、空気嚥下症といって、緊張して気づかないうちに空気を多く呑み込んでしまい、腸内にガスがたまってしまうこともあります。

 

 

このような原因でお腹が張っている場合は、腸内のガスを減らす薬もあります。
ただ、薬はどんなものでも副作用があるので、出来るだけ自然な方法で解消したいものです。
漢方薬も自分の体質に合ったもの選んでを飲むと効果が期待出来ます。胃腸の働きを促進するものを処方してもらうようにしましょう。

 

 

また、日常生活で改善するには、腸の蠕動運動を促進するために、入浴後の体が温かいうちに、お腹を時計回りにマッサージをしてあげるのもお勧めです。
へそを中心に時計と考えた場合に、同じ動きでマッサージすることで便の流れが促進されると言われています。

 

 

この時には、できればローズマリーなどアロマオイルを選んで使うと効果があがりますよ

 

 

なお、この細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法では、より高い効果が期待出来る簡単なお腹のガス抜きエクササイズと、胃・腸管の蠕動運動を促進させるクリーム(乳液など)を使ったマッサージも紹介してあります。

 

お腹の張りや便秘が慢性化している方へ

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ