早期満腹感の原因

早期満腹感の原因をご存じですか?
ご飯を少し食べただけですぐに満腹になってしまうなど、食事をするとすぐにお腹がいっぱいになる症状を早期満腹感といいますが、食べたいのに食べられずに辛いなど、食がどんどん細くなり、体重も減ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

 

そして、これらは機能性ディスペプシア(胃腸症)の代表とも言える症状です。
本来、食事をすると胃の上部が膨らみ、ここに食べた物を溜めるのですが、この機能に異常が起きて、胃が十分に膨らまないことで、お腹がすぐにいっぱいになってしまう早期満腹感の症状が起きるのです。

 

 

また、機能性ディスペプシアは、早期満腹感や食べた物がずっと胃に残っているように感じてしまう胃もたれ、吐き気などの症状が続いていても、病院で胃の内視鏡検査で原因とるな病気が見つからない場合に、そう診断されます。

 

 

更に、胃の粘膜にこれといった異常がないのに胃がもたれてしまうのは、運動機能異常が起きて胃の運動が低下することで、食べた物が胃から排出されるのが遅くなってしまうのです。

 

 

一般的に早期満腹感などの症状の治療は、薬物療法が中心となりますが、これらはいずれにしても対症療法です。
胃酸を抑えたり、体の痛みを一時的に軽減することは出来ますが、病気の原因を取り除くわけではないので症状の再発を繰り返します。

 

 

いずれにせよ、早期満腹感の原因となる胃の運動機能異常の多くはストレスをきっかけとして起き、食生活などの生活習慣の乱れが大きな原因です。
その為、自律神経を整え、本来の胃腸の機能を活性化することが必要不可欠です。
また、精神科系のお薬を服用されている方も多いものです。

 

 

そこで、この細川晶生先生の細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法では、自律神経を整えるエクササイズやストレス対策も数多く紹介してあります。

更に、胃と腸との関連がとても深い、ある部分の前にある筋肉を刺激する方法が紹介してあり、そこを刺激を加えることで早急に胃と腸の働きが良くなり、胃もたれも解消でき、これを行うことで、今まで忘れていた気持ち良い空腹感を得られるでしょう。

 

刺激をすると胃と腸の働きが直ちに良くなる筋肉とは?

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

 

TOPへ