機能性ディスペプシアについて

機能性ディスペプシアは、内視鏡検査で胃の粘膜を調べても、特に異常が見つからないにも関わらず、胃痛をはじめとした胃の不快感等の症状を起こすものを機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)と呼んでおり、胃アトニーや神経性胃炎、胃酸過多などの病気も全て含みます。

 

 

機能性ディスペプシアは、人間関係のトラブルや転職などの急激な環境の変化などの精神的ストレス、過労など、何かしらの原因で自律神経のバランスが乱れ、胃の働きが悪くなることで、吐き気や胃痛などの症状が出てきます。

 

 

通常は、血液や尿、内視鏡検査、腹部の超音波検査等を行い、胃潰瘍や胃がんなどの病気でないかどうかを詳しく調べます。また、総合失調症やうつ病などの精神的な病気が関係していることもあるので病院での問診も大切になります。

 

 

そして、病院での検査の結果、特に原因となる病気が見つからず、精神的なストレスが考えられ場合は、精神科の薬である抗不安薬のなども処方される場合もあります。
また、不規則な生活を改め、十分な休養をとるなど日常生活の改善もとても大切になります。

 

 

機能性ディスペプシアにも対応しています!

対処療法での症状の一時しのぎや単なる痛み止めではなく、現在の体質そのものを改善させます。

(あなたの生活習慣と環境の中で、これだけはやるべき対策もお伝えします。)

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ