胃アトニーの原因

胃アトニー(胃下垂)は、幼い頃から体が弱い虚弱体質の方など筋肉量の少ない方に多いです。
過労や暴飲暴食、ストレス、不安などにより症状が発生しやすいと言われています。

 

 

胃下垂は、多くの場合生まれつきのもので、他の内臓も下垂しがちで胃下垂体質と言った方がいいかもしれません。
問題なのは、少しの事で胃の働きが弱りやすいこと、現代の西洋医学ではほとんど対応できないようです。

 

 

引き金になる暴飲暴食、過労、ストレスを避け、適度な運動や規則正しい無理のない生活、バランスのとれた栄養をとるなど精神的にもリラックスすることを心がけることが大切と言えます。

 

 

また、1日に栄養のある食事を数回に分けてとり、水分は出来るだけ減らし刺激の強いものや、極端に熱いもの、冷たいものなどの飲食は出来るだけ避けるようにしましょう。

 

 

対策としては、体質改善がもっとも重要だと言えます。
胃下垂の方は腹筋と周囲筋が弱い傾向があり、腹筋を鍛える事は効果的です。

 

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ