胃潰瘍の原因

胃潰瘍の原因としては、ストレスやイライラ、睡眠不足、過労、緊張、不安など肉体的、精神的なストレスが胃潰瘍になる原因となります。

 

 

また、胃潰瘍の原因の7割以上がピロリ菌、十二十二指腸潰瘍に至っては9割がピロリ菌の感染とも言われています。
ピロリ菌は口から入って感染し慢性胃炎となり、その一部が慢性胃潰瘍などに変化します。

 

 

ピロリ菌が増えたことによる胃潰瘍になった場合は、抗生物質と粘膜保護材などを1〜2週間服用してピロリ菌を除去することでほとんど治ります。

 

 

タバコやアルコール、コーヒー、刺激の強い香辛料や熱いものや冷たすぎる飲食物を必要以上に取り続けるなど、胃を刺激するものを過剰に摂りすぎるのも胃潰瘍の原因になることが分かっています。
喫煙は胃粘膜の血流を低下させ、胃酸の分泌を増やし胃潰瘍の大きな原因にもなります

 

 

その為、胃潰瘍などを含め胃の悪い方は禁煙を出来るだけ心がけましょう。
更に、痛み止めとして良く使われる非ステロイド性抗炎症薬のNSAIDS(エヌセイズ)によっても、全体の2〜3割は起きています。

 

 

この薬は、市販のかぜ薬などをはじめとした様々な薬に含まれています。
例えば、腰痛があって薬を飲み始めたが、胃の調子が何故か良くないという方もいらっしゃいますが、ピロリ菌がいないにも関わらず、胃のむかつきや痛みがあるようなら、腰痛の薬にも使われていることから、これが原因となって胃潰瘍のが起きている可能性もあります。

 

 

その為、このような場合は、薬によって胃の不調が引き起こされていることも考えれるので、薬の服用について医師に相談し、対処する必要があるでしょう。

 

 

薬を飲み続けることなく胃の不調を改善する方法

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

 

TOPへ