胃潰瘍とその症状

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は現代において誰もがなる可能性があるメジャーな疾病です。
胃潰瘍は、ストレスとヘリコバクター・ピロリ菌が原因が主な原因と言われており、胃粘膜そのものが胃酸やペプシン(たんぱく質分解酵素)よりただれて消化されてしまうものです。

 

 

胃潰瘍の症状としては、ほとんどはみぞおち(上腹部)に痛みが表れます。
食後などに痛みが起こりだし、食事を多くとると痛みが長時間続きます。
また、十二指腸潰瘍は空腹時に腹痛がおこり、食事をするとい痛みが治まることが多いという特徴があります。

 

 

胃潰瘍になると胃液が過剰になり、胃粘膜のバランスが崩れ、胸やけや酸っぱいゲップなどが起こります。
さらに食欲不振、嘔吐、吐き気みまわれ体重が減少することもあります。

 

 

胸やけは、胃酸過多の場合に起こり、胃液が逆流しておこる症状と言えるでしょう。

 

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ