慢性胃炎の原因と治療

食べ物を消化する為に胃は、胃酸から絶えず刺激を受けており、さらに精神的ストレスが強く受けたり、お酒などのアルコールのとり過ぎや暴飲暴食で胃酸過多になり、胃粘膜そのものが胃液の影響を受けただれたりするなどびらんをおこし、慢性胃炎が発症するほとんどの原因と言えます。

 

 

軽度の場合は、その原因である暴飲暴食やストレスがなくなると徐々に時間に伴って改善していきますが、重度の胃炎になると胃壁が委縮し症状が慢性化します。

 

 

また、慢性胃炎の原因として暴飲暴食やストレス意外にも、ヘリコバクター・ピロリ菌が関係している事が最近の研究で分かっています。
通常の細菌は、胃酸にさらされると死んでしまいますが、ピロリ菌は胃酸を中和する能力があり胃の中でも生きていけ活動できる珍しい細菌です。

 

 

慢性胃炎の治療としては、症状が特にない場合は治療する必要がないと言われています。
生活習慣を見直したり、体質改善を心がける事が予防を含めて大切です。
禁煙をし、十分な睡眠やお酒など暴飲暴食は避け、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

 

 

自覚症状がある場合は、症状に応じてピロリ菌の除去や胃粘膜保護薬を服用するなどです。

 

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ