慢性胃炎とその症状

慢性胃炎は、さまざまな原因で胃粘膜が傷つき炎症を起こしている状態が慢性化しているものです。
炎症の程度も一定ではなく、症状も定まっていません。

 

 

慢性胃炎は、これまでの悪い刺激物など食生活などにより、胃粘膜が年を重ねるごとに生じた変化で病気とは呼びにくいものでしたが、最近ではヘリコバクター・ピロリ菌とストレスが影響が高いということが分かってきました。

 

 

慢性胃炎の症状としては、嘔吐、吐き気、胸やけ、みぞおちの痛みなどの症状が1か月以上にわたり続き繰り返されます。ですが、症状がでないことも多く、症状が出ている方や診断でみつかった方が診療の対象となっているようです。
検査では、内視鏡検査やバリウム造影検査などがあります。

 

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ