逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因は色々あるのですが、先ずあげられるのは現代人には必ずあるストレスがあります。
過剰なストレスにより、自律神経のバランスが崩れ胃酸過多などになるなどストレスが胃酸のバランス崩し、それが原因で逆流性食道炎になることは良くあります。

 

 

心因性のストレスを強く受けると、胃酸分泌が増え不安定な状態になるということです。
また、多くの方がストレス解消の為に、飲酒量や喫煙が増えるなど暴飲暴食をやりがちですが、その回数が増えると胃にも負担がかかってしまい逆流性食道炎になりやすいことにもつながります。

 

 

つまり、胃酸過多になることが逆流性食道炎の直接の原因であり、それを誘発するストレスや食生活などの要因の全てが、逆流性食道炎の原因に繋がってしまうということです。

 

 

実際に、ファーストフードや肉類、揚げ物などの油っこいものや塩分などの多い食事後は胸やけや胃痛になり、多くの方が一度は体験されているのではないでしょうか?

 

 

高カロリーで塩分や刺激のあるスパイス効いたものは胃酸過多をおこしやすいです。
従来の和食中心から食生活の欧米化にともない肥満や生活習慣病も増えるなど、脂質などの摂取過剰などが大きな原因になっていると考えられます。

 

 

また、長時間にわたり必要以上にベルトで腹部を圧拍したり、前かかみの姿勢は逆流性食道炎になりやすいので要注意です。同様の理由で妊婦さんやお腹が出ている肥満体型の方も便秘などになりやすく、お腹にガスが溜まりやすなどお腹がぽっコリ膨らみがちな方も逆流性食道炎になりやすいです。

 

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ