逆流性食道炎とその症状

逆流性食道炎は、胃酸や十二指腸液などの胃液(塩酸)が何らかの原因で閉じているはずの胃と食道の境目が開いてしまい、逆流することで、食道の粘膜を刺激し粘膜に炎症を引き起こす症状を言います。

 

 

胃酸や十二指腸液などの胃液はph0に近く酸性度が高く、食道は胃壁と違い胃粘膜防御液が分泌しておらず無防備で、逆流することで、食道の粘膜はただれて傷つきびらんや炎症、潰瘍を引き起こします。

 

 

同じような症状としては、炎症や潰瘍がなくても、大腸の働きが鈍くお腹のガスが溜まった状態が続いた時などに、胃酸過多の人に胃液が逆流する場合もあります。

 

 

逆流性食道炎の主な症状しては、胸やけ、食道のつかえたような違和感や不快感、嘔吐、げっぷ、さらに逆流してきた胃液により器官や喉を痛める場合も多く、声帯をやられて声が変わったり、声のかすれなど出にくくなることなどもあります。

 

 

また、炎症が強いと潰瘍が出来てしまい、出血などの原因にもなるようです。
症状の軽い場合は、お年寄りなどに多いのですが自覚症状がほとんどない事も多く、健康診断などで初めて気づくこともあります。

 

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる

 

TOPへ