逆流性食道炎改善法 パリエット錠で副作用

 

パリエット錠の副作用とは!?


逆流性食道炎改善法を探していて、 パリエット錠で副作用が出たという人が結構いるようですね。

逆流性食道炎改善法の詳細はこちら >>



パリエット錠の効果は、胃粘膜細胞からの胃酸分泌を抑制します。
そして、十二指腸や胃の潰瘍を治癒し、逆流性食道炎の痛みや胸やけなどを緩和する効果があります。


しかし、パリエット錠を含め、薬には効果だけでなく副作用があります。
パリエット錠の副作用として、下痢、便秘、軟便、発疹、じんま疹、かゆみ腹痛、腹部膨満感などがこれまで報告されています。


実際に逆流性食道炎に悩まされパリエット錠を病院で処方され服用した結果、酷い便秘になり1週間で使用を中止しなければならなかったなど、副作用が出る方もいるようです。


病院で処方される薬や年に一度は胃カメラ検査をしながらも逆流性食道炎の症状は、ほとんど改善されず、もう諦めてがまんするしかないのかと言うとそうでもないです。


福辻鋭記先生という東京の五反田にて「アスカ鍼灸院」の院長をしている、テレビの日本の名医50人にも選ばれた有名な先生がいるのですが、その人が自宅で簡単にできる逆流性食道炎改善法を出しています。


【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎という図と写真が多用されて、大変分かりやすいマニュアルです。


その逆流性食道炎改善法を実際にやってみた人の多くが、辛い食事制限や薬を毎日飲まなくても、自宅でお金をかけずに根本から改善しているので一度チエックしてみると良いでしょう。



 

 

細川式逆流性食道炎改善法