胃アトニーについて

ここでは胃アトニーについて解説していきます。

胃アトニーについて記事一覧

胃アトニーとは、胃下垂があって胃壁の筋力が低下し、胃の働きそのものが鈍くなる状態を胃アトニーと言います。胃下垂は、胃全体もしくは正常な位置より下の方にあることを胃下垂と言いますが、酷い時には胃の一部がへその辺りまで落ち込んでしまうこともあります。胃下垂は痩せた人に多く、腹壁の異常や脂肪不足、腹部圧力の低下、姿勢の異教、筋肉の収縮などの原因が複合的に重なり引き起こされます。また、肥満体質のいつもは上...

胃アトニー(胃下垂)は、幼い頃から体が弱い虚弱体質の方など筋肉量の少ない方に多いです。過労や暴飲暴食、ストレス、不安などにより症状が発生しやすいと言われています。胃下垂は、多くの場合生まれつきのもので、他の内臓も下垂しがちで胃下垂体質と言った方がいいかもしれません。問題なのは、少しの事で胃の働きが弱りやすいこと、現代の西洋医学ではほとんど対応できないようです。引き金になる暴飲暴食、過労、ストレスを...

胃アトニー、機能性胃腸症、機能性ディスペプシア治療。薬を使わず症状を改善する方法胃アトニー(胃下垂)では、生活改善をすることも必要ですね。胃アトニーは背中が痛くなったり、腰痛などの何ともいえないこり感や、げっぷ、吐き気、便秘、下痢などの異常がみられることもあります。食事をすると下腹が突きでて、逆に上腹はへこんできます。その為、このような時は、食後に10分から30分程度横になると辛い症状が改善する場...

機能性ディスペプシアは、内視鏡検査で胃の粘膜を調べても、特に異常が見つからないにも関わらず、胃痛をはじめとした胃の不快感等の症状を起こすものを機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)と呼んでおり、胃アトニーや神経性胃炎、胃酸過多などの病気も全て含みます。機能性ディスペプシアは、人間関係のトラブルや転職などの急激な環境の変化などの精神的ストレス、過労など、何かしらの原因で自律神経のバランスが乱れ、胃の働...

早期満腹感の原因をご存じですか?ご飯を少し食べただけですぐに満腹になってしまうなど、食事をするとすぐにお腹がいっぱいになる症状を早期満腹感といいますが、食べたいのに食べられずに辛いなど、食がどんどん細くなり、体重も減ってしまう方もいらっしゃるでしょう。そして、これらは機能性ディスペプシア(胃腸症)の代表とも言える症状です。本来、食事をすると胃の上部が膨らみ、ここに食べた物を溜めるのですが、この機能...

食欲不振や胃痛、吐き気、更には夜も寝つきが悪くて眠れない日が続くなど、不眠症気味でお悩みではありませんか?このような症状があるならまずは医療機関を受診すことが勧められますが、病院では胃潰瘍や胃がんなどの病気がないことを確認する為に、胃の内視鏡検査が必ず行われます。その結果、食欲不振や吐き気、胃痛などが慢性的に続いているのに、引き起こす原因が見つからなかった場合には、機能性ディスペプシアと診断されま...

お腹の張りでお悩みではありませんか?ズボンやスカートが入らない、食事が食べることができないくらいお腹が張り、困っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。お腹の張りは、女性特有の疾患の自覚症状のこともあるので、放ったらかしにしないで、一度は病院で診てもらったほうが良いでしょう。ただ、検査をしても何も原因が見当たらない場合もあります。中には、便秘や胃腸機能の低下によってお腹が張ることがあります。特...

逆流性食道炎だけでなく、腹痛にも悩まされていませんか?夜眠れないほどの強いものやしくしくとする痛み、脚の付け根まで痛むなど、腹痛の症状も様々ですが、特に慢性的でなかなか良くならないと悩んでいる方も少なくないものです。なかには子宮筋腫などの婦人病が見つかるケースもありますが、多くの場合は超音波やMRI、CTなどの検査をしても原因が見つからないことが多いのが特徴です。逆流性食道炎の方の腹痛として最も多...