胃はピロリ菌の除菌はしたほうがいいのか?

胃はピロリ菌の除菌はしたほうが良いのでしょうか?
私たちの腸には一千兆個もの細菌が棲んでいりとも言われていますが、胃の中に棲んでいる菌もいて、それがピロリ菌ですね。

 

 

そして、ピロリ菌が胃がんの病原体であるということが分かったことで、除菌治療が始まりました。
現在、日本では胃潰瘍の前段階である慢性胃炎であっても、ピロリ菌の除菌が保険適応されています。

 

 

しかし、私はピロリ菌の除菌を安易にやることに疑問を持っています。
そんそも体に害を及ぼすのは、ストレスを受けて慢性胃炎や胃潰瘍になった時で、胃の粘膜が荒れるなどの症状が出ると、そこにピロリ菌が集まり、胃潰瘍を作り、胃ガンの発症率を高めるのです。

 

 

ですが、人類は、昔からピロリ菌を胃にすまわせ共存してきましたし、胃壁を柔らかくして、胃酸の逆流を抑える働きもあるのです。

 

 

実際に、ピロリ菌を除菌によって胸やけを起こし、酸っぱいものが込み上げてくるなど逆流性食道炎になる人が増えているんですね。また、この菌を保有していないことで、この病気になっている方もいます。
更に、悪化すれば食道がんの一因にもなります。

 

 

つまり、現代の治療は、胃潰瘍や胃がんなどを撲滅する為にピロリ菌を一方的に排除しようとして、逆流性食道炎や食道癌などの別の病気の発症を高めているとも言えるのです。

 

 

また、近年、癌を始めアレルギーや自己免疫疾患など、免疫力の低下や誤作動などが発症の原因になっている病名は分かるものの根治が難しい病気が増えています。

 

 

この背景には、体の健康を守ってくれている細菌の存在を認めようとしない人間の傲慢さが垣間見えるのです。
実際にピロリ菌の除菌を行うと、下痢や腹痛を起こしますね。
除菌には菌の発育を抑える作用を持つ抗生物質を服用しますが、これはピロリ菌だけではなく、腸にいる細菌にもダメージを与えてしまうのです。

 

 

そして、腸内細菌のバランスが崩れ、誤作動することで腹痛や下痢が起きるのです。
しかも、完全に除菌できるわけではなく、良くて9割と言われています。
ということは、全ての人が上手くいくという訳ではなく、しかも胃の病気を100%予防出来るわけではありません。

 

 

それでも医師が除菌を勧めるのは分かりやすいからでしょう。
と言うのも、「ピロリ菌がいると胃ガンになりますよ」と言われれば、患者さんも納得しやすく治療に気持ちを向けやすいものです。

 

 

その結果、現在はたいして症状がない人でも、病人に仕立てられ、抗生物質という薬がたくさん売れます。
但し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など明らかな症状があるようなら、ピロリ菌は除菌をしたほうが良く、これが更に悪さをすれば胃がんに進行しかねないからです。

 

 

ですが、たいした症状がなかったり、もしくは健康な人が除菌する必要はないと思います。
それよりも、やはり胃はストレスに直接影響を受けやすい臓器であるのは間違いなので、それによって自律神経も乱れて免疫も低下してしまうので、その原因であるストレスを取り除き胃や腸の健康を考え、免疫力を高めるよにしたほうがずっと大切でしょう。

 

 

薬を飲み続けることなく胃の不調を改善する方法

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる