胃潰瘍について

ここでは、ストレス社会の現代で多い胃潰瘍について解説していきます。

胃潰瘍について記事一覧

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は現代において誰もがなる可能性があるメジャーな疾病です。胃潰瘍は、ストレスとヘリコバクター・ピロリ菌が原因が主な原因と言われており、胃粘膜そのものが胃酸やペプシン(たんぱく質分解酵素)よりただれて消化されてしまうものです。胃潰瘍の症状としては、ほとんどはみぞおち(上腹部)に痛みが表れます。食後などに痛みが起こりだし、食事を多くとると痛みが長時間続きます。また、十二指腸潰瘍は空腹...

胃潰瘍の原因としては、ストレスやイライラ、睡眠不足、過労、緊張、不安など肉体的、精神的なストレスが胃潰瘍になる原因となります。また、胃潰瘍の原因の7割以上がピロリ菌、十二十二指腸潰瘍に至っては9割がピロリ菌の感染とも言われています。ピロリ菌は口から入って感染し慢性胃炎となり、その一部が慢性胃潰瘍などに変化します。ピロリ菌が増えたことによる胃潰瘍になった場合は、抗生物質と粘膜保護材などを1〜2週間服...

胃はピロリ菌の除菌はしたほうが良いのでしょうか?私たちの腸には一千兆個もの細菌が棲んでいりとも言われていますが、胃の中に棲んでいる菌もいて、それがピロリ菌ですね。そして、ピロリ菌が胃がんの病原体であるということが分かったことで、除菌治療が始まりました。現在、日本では胃潰瘍の前段階である慢性胃炎であっても、ピロリ菌の除菌が保険適応されています。しかし、私はピロリ菌の除菌を安易にやることに疑問を持って...