神経性胃炎の原因とは?

神経性胃炎でお悩みではありませんか?
大勢の前で話さなければいけなかったり、仕事の大事なプレゼンの前など、緊張すると胃がキリキリと痛くなる。

 

 

ですが、病院で内視鏡検査などを受けても、胃の痛みを引き起こしている病変が見つからない場合も少なくありませんね。
病院では神経性胃炎と診断され、胃薬を処方してもらっても、効果がないという人も多いものです。

 

 

そのような場合、患者さんの多くは、かっては神経性胃炎や慢性胃炎などと診断されていました。
「気のせい」と言われ、病院での治療の対象とならなかったこともあります。

 

 

しかし、現在ではこうした神経性胃炎などの胃の不調の原因は、胃の機能異常によって引き起こされることが分かっており、機能性ディスペプシアという病名が2013年頃から使われるようになってきています。

 

 

そして、そもそも胃の運動は自律神経がコントロールしており、大勢の前で話すなど体が緊張をしてストレスを受けると、自律神経の働きが乱れて、胃の運動機能異常が生じるのです。

 

 

例えば、食べ物が胃に入ると、胃の上部が膨らんで受け入れますが、十分に膨らまないと、すぐにお腹がいっぱいになる早期満腹感の症状が現れます。
また、胃は蠕動運動をすることで、十二指腸に内容物を送り出すのですが、この動きが悪くなると胃もたれや吐き気などが起こるのです。

 

 

更に、胃の知覚過敏という機能異常が起こることもあります。
普通は、胃酸が分泌されても胃は何も感じませんが、知覚過敏になると胃が胃酸に対して過敏になり過ぎて、胃酸の量に関わらず、痛みを感じてしまうのです。

 

 

これが神経性胃炎の痛みの原因と考えられます。
いずれにしても、胃はストレスととても関係の深い臓器です。

 

 

なお、この細川晶生先生の細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法では、機能性ディスペプシアにも対応しており、内臓や自律神経の働きを高める整体法や、ある特殊な改善法で溜まったストレスを解消して、外部からのプレッシャーや刺激に負けない体質に改善することが出来るので、神経性胃炎でお悩みの方も大いに改善効果が期待出来るでしょう。

 

溜まったストレスを根こそぎ取り除く特殊なストレス解消法をお教えします!

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる