慢性胃炎ついて

ここでは慢性胃炎について解説していきます。

慢性胃炎ついて記事一覧

慢性胃炎は、さまざまな原因で胃粘膜が傷つき炎症を起こしている状態が慢性化しているものです。炎症の程度も一定ではなく、症状も定まっていません。慢性胃炎は、これまでの悪い刺激物など食生活などにより、胃粘膜が年を重ねるごとに生じた変化で病気とは呼びにくいものでしたが、最近ではヘリコバクター・ピロリ菌とストレスが影響が高いということが分かってきました。慢性胃炎の症状としては、嘔吐、吐き気、胸やけ、みぞおち...

食べ物を消化する為に胃は、胃酸から絶えず刺激を受けており、さらに精神的ストレスが強く受けたり、お酒などのアルコールのとり過ぎや暴飲暴食で胃酸過多になり、胃粘膜そのものが胃液の影響を受けただれたりするなどびらんをおこし、慢性胃炎が発症するほとんどの原因と言えます。軽度の場合は、その原因である暴飲暴食やストレスがなくなると徐々に時間に伴って改善していきますが、重度の胃炎になると胃壁が委縮し症状が慢性化...

神経性胃炎でお悩みではありませんか?大勢の前で話さなければいけなかったり、仕事の大事なプレゼンの前など、緊張すると胃がキリキリと痛くなる。ですが、病院で内視鏡検査などを受けても、胃の痛みを引き起こしている病変が見つからない場合も少なくありませんね。病院では神経性胃炎と診断され、胃薬を処方してもらっても、効果がないという人も多いものです。そのような場合、患者さんの多くは、かっては神経性胃炎や慢性胃炎...