逆流性食道炎のお酒とタバコの影響

逆流性食道炎のお酒とタバコの影響をご存じですか?
お酒が好きで、仕事先の同僚や友人と週末は居酒屋などに飲みに出掛け、家でも晩酌は欠かさず、タバコも吸ってしまうという人も多いことでしょう。

 

 

まず、お酒(アルコール)は、胃酸の分泌を強めることが明らかになっており、中でもワインやビールを飲むと胃酸が盛んに分泌されるようになり、これが食道に逆流することで、逆流性食道炎を起こしやすくなるのです。

 

 

また、ワインやビールはお酒の中でもコレシストキニンの分泌を増やすことが知られています。
このコレシストキニンは、消化管ホルモン の一つで、十二指腸などから分泌され、食道と胃の境界のしまりを緩めてしまいます。

 

 

したがって、ワインやビールは食道と胃の締りを悪くすることや、胃酸分泌を増加させるということから、胸やけなどの逆流性食道の症状をを起こしやすいと言えるのです。

 

 

一方、タバコを毎日吸う人は、吸わない人に比べて胃酸の分泌量が多くなり、胃の中の酸性濃度が高いと言われています。
とは言え、それほど胃酸分泌を促進する効果はないようですが、タバコを慢性的に吸う人は、食道と胃の間の締りがお酒と同じように悪くなります。

 

 

更に、胃酸を増やし食道に逆流しやすくさせてしまい、胸やけなどが起こりやすくなる可能性があります。
そんなこともあり、病院に行くとお酒やタバコを控え、食事に気をつけるように言われて、薬を服用しながら、食べたいものを我慢して腹八分で食事療法して、ストレスが溜まっている方も少なくないでしょう。

 

 

ですが、ストレスはかえって症状が酷くなったり、様々な病気の引き金になったりすることもあるので、出来るだけ体に負担なく治療したいものです。

 

 

この細川晶生先生の細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法では、どうしてもタバコが止めらえないという方には、喫煙しながらでも改善に取り組むことが出来る方法もあるなど、身体や日常生活に負担をかけることなく、胸焼けや吐き気、胃もたれや痛みを改善させることことが期待出来ます。

 

キツイ食事制限や薬に頼ることなく、体質改善をして元気な胃にする方法

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる