逆流性食道炎の喉のつかえ感や咳の症状にも注意

逆流性食道炎の患者さんの中には、喉のつかえ感などの違和感の症状を訴える人も少なくありませんね。
仰向けになった時に、胃液が食道内に逆流すると胃液が食道の上部の方まで流れて喉に傷つけたりすることが良くあります。

 

 

また、胸やけなどの自覚症状があるのに内視鏡検査をして肉眼で食道を見ても病変が見つからない病状を非びらん性食道炎と言いますが、このような患者さんでも胃液が逆流して食道内に流れ込むと、通常なら起こる食道内に流入した胃液を胃に押し戻す食道の収縮運動が起こらず、胃液が食道の上部まで流れてしまいます。

 

 

そして、食道の最も口に近い部位には、喉の一番下にある咽頭と肺へ通じる喉頭と呼ばれる器官の開口部が接触しており、ここに胃酸が触れると炎症や傷が生じてしまいます。
この部分の粘膜は胃酸にあまり接触することがなく酸に弱く、咽頭に炎症が起きると赤く腫れたりして、唾液が常にくっついていたりします。

 

 

その為、症状としては喉に何かつかえた違和感があり、痰がひっつかかったような感じがして、咳払いしたりします。
いずれにしても喉頭に炎症が起こると慢性的な咳が出たり、声がかすれたり、出にくかったりすることがあります。

 

 

ただ、これらの喉のつかえ感や咳の症状は、逆流性食道炎に良くみられますが、それ以外の多くの病気でも同じ症状が現れます。
例えば、喉のつかえ感などの違和感は、咽頭がんでも見られますし、タバコの吸いすぎやウイルスなどで咽頭に炎症が生じた時にも起こります。

 

 

更に慢性的な咳などは気管支や肺、結核などの様々な原因による炎症でも起こります。
ただ、喉のつかえ感や咳慢性的な咳などと合わせて、胸やけや呑酸が生じているいるなら、逆流性食道炎の可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

なお、喉のつかえ感や咳などのこれらの症状を引き起こしてしまう原因は、ある7つと深い因果関係があります。

これを無意識に行って、危険な症状発症の引き金を引いてしまいます。
この細川晶生先生の細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法では、この原因を知り意識することで、症状の発生を事前に防止できるようになれるでしょう。

 

症状を引き起こさない為に絶対に守らなければいけないことをお教えします!

薬を飲み続けなければならない不安をあなたから取り除きます。

 

細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法の詳細を見てみる