逆流性食道炎について

ここでは、現代日本人にの抱える健康問題に急増中の逆流性食道炎の改善する為に知っておきたい知識を解説しています。

逆流性食道炎について記事一覧

逆流性食道炎は、胃酸や十二指腸液などの胃液(塩酸)が何らかの原因で閉じているはずの胃と食道の境目が開いてしまい、逆流することで、食道の粘膜を刺激し粘膜に炎症を引き起こす症状を言います。胃酸や十二指腸液などの胃液はph0に近く酸性度が高く、食道は胃壁と違い胃粘膜防御液が分泌しておらず無防備で、逆流することで、食道の粘膜はただれて傷つきびらんや炎症、潰瘍を引き起こします。同じような症状としては、炎症や...

逆流性食道炎の原因は色々あるのですが、先ずあげられるのは現代人には必ずあるストレスがあります。過剰なストレスにより、自律神経のバランスが崩れ胃酸過多などになるなどストレスが胃酸のバランス崩し、それが原因で逆流性食道炎になることは良くあります。心因性のストレスを強く受けると、胃酸分泌が増え不安定な状態になるということです。また、多くの方がストレス解消の為に、飲酒量や喫煙が増えるなど暴飲暴食をやりがち...

逆流性食道炎の患者さんの中には、喉のつかえ感などの違和感の症状を訴える人も少なくありませんね。仰向けになった時に、胃液が食道内に逆流すると胃液が食道の上部の方まで流れて喉に傷つけたりすることが良くあります。また、胸やけなどの自覚症状があるのに内視鏡検査をして肉眼で食道を見ても病変が見つからない病状を非びらん性食道炎と言いますが、このような患者さんでも胃液が逆流して食道内に流れ込むと、通常なら起こる...

逆流性食道炎のお酒とタバコの影響をご存じですか?お酒が好きで、仕事先の同僚や友人と週末は居酒屋などに飲みに出掛け、家でも晩酌は欠かさず、タバコも吸ってしまうという人も多いことでしょう。まず、お酒(アルコール)は、胃酸の分泌を強めることが明らかになっており、中でもワインやビールを飲むと胃酸が盛んに分泌されるようになり、これが食道に逆流することで、逆流性食道炎を起こしやすくなるのです。また、ワインやビ...

高血圧などの生活習慣病は逆流性食道炎を起こしやすいのをご存じですか?そもそも逆流性食道炎が起こるのは、胃液がたくさん作られ、食道と胃の境界の締りが悪くなることに加え、逆流して食道内に上がった胃液を胃へ戻すのが悪いといった条件が揃った時に起こるんですね。したがって、これらの条件を1つでも起こしやすい病気は、合併症として逆流性食道炎が起こりやすくなるのです。特に生活習慣病でもある高血圧は、それ自体が逆...